Kチェアは、カリモク60の人気NO.1!選ばれる一番の理由は「カッコよさ」。 でも、それだけじゃないんです。

カリモク元営業マン Plain Table オーナー:藤川
 

point1. 日本人の体に合わせたKチェア

Kチェアは、日本の生活空間にちょうど良いサイズ

家具を買って実際に部屋に入れたとき、「大きかった」なんて事はありませんでしたか?
ショールームで見ると大きく感じないのに、生活空間ではサイズ感が違って見えるということはよくあること。それはショールームの天井の高さや広い空間から、錯覚を起こしているのです。
しかしKチェアには、そんな心配はいりません。

Kチェアの原型が作られた1960年代当時は、日本の住宅事情や生活習慣は畳の和の生活から洋式の生活へと大きく変化していた時代でした。
そんなときにカリモクは、アメリカへ輸出するために制作していた木製アームチェアを、日本人の体に合わせ、より洗練されたものへデザインし直し、今のKチェアの原型を作りました。
そのためか、当時の応接間4畳半にスッキリ納まるサイズなんです。

コンパクトだけどゆったり

一般的な2シーターに多いサイズは幅150cm程度のモノです。しかしKチェア2シーターのサイズは幅133cm。この17cmの差が、お部屋に入れた時にしっくりと収まります。
さらにKチェアの木の脚は、下が見通せるので圧迫感を少なくしてくれます。

Kチェアは一般的な2シーターよりコンパクトなサイズですが、アームの幅がスリムなため、シート幅はゆったり。

ラブソファと言われ、ふたりで座ると肩がくっついてしまいそうになる2シーターも多いのですが、Kチェアならこれだけ余裕があります。
このサイズなのに、ふたりでくつろげるのはいいですね。

ワンルームでも気にならないサイズ感

学生や新社会人が一人暮らしを始める際にKチェアを購入されるお客様には、デザインの良さとともに、狭いワンルームでもちょうどいいサイズ感が喜ばれています。
さらにお客様が結婚し、家族が増えてもカリモク60を使い続けてくださるお客様も多く、 家具をカリモク60で揃えたいお客様の要望でカリモク60+が誕生しました。
 

point2. Kチェアの座り心地

座り心地の秘密

Kチェアは、日本人の体型に合うシートの奥行きサイズ。
また、少し硬めのクッションがは、おしりが沈み込みすぎず長い時間掛けても疲れにくいのが特徴です。

Kチェアのシートには、S字型をしたバネが使われています。そのバネをあらかじめ山形に反らせて、反発力や耐久性を高めているのです。
さらに2008年6月には、長くお使い頂けるよう、バネを太くするなどの改良がされました。

1962年から作り続けられているので、デザインは50年以上変わっていませんが、構造はずいぶん進化しているのです。

 

point3. ちいさいお子さんがいても安心!掃除がしやすいKチェア

Kチェアで人気の合成皮革はシミになりにくい!

食べこぼしの多い小さい子供がいると、ソファを購入するときに気になりますよね。
でもKチェアのスタンドード・ブラック、スタンダード・アイボリーの二種類とも合成皮革(ビニールレザー)。
合皮は水分を吸収しないため、水やジュースをこぼしてもシミにはなりません。

※張り地表面の縫い目部分から染み込みことがありますので、お早めに拭き取ってください。
> カリモク60の素材紹介・素材別メンテナンス

Kチェアの人気張り地「モケットグリーン」も扱いやすい!

モケットグリーンは見た目の美しさだけでなく、機能的にも優れています。

モケットグリーンの素材は糸が大変細く、織地には猫の爪も入らないほど。傷がつきにくく、目立ちにくいのも特徴の一つ。

また、起毛なので、表面には耐摩耗性があります。

電車やバスのシートに使われているのと同じ起毛した張り地は、 耐摩耗性が高く丈夫です。

> カリモク60の素材紹介・素材別メンテナンス

組み立て式だから、いざという時 分解掃除ができる!

また、隙間に落ちた食べこぼしも分解して掃除できます。組立て式家具ならではのKチェアの利点ですね。
>Kチェアの組立方はこちら

> カリモク60の組み立て方

Kチェアを長くお使いいただくためのポイント

合成皮革はアルコールを使用すると、表面が溶け出し、キルティング部分が割れることがあります。
除菌・消臭スプレー、除光液、消毒用エタノール、キッチン用の除菌アルコール、ウェットティッシュ、コンビニのおしぼりなど、少量でもアルコールが含まれたもので表面を拭かないよう、ご注意ください。
※マジックなどで汚れた場合には、柔らかい布に中性洗剤を3〜5%位に薄めたぬるま湯で硬く絞って拭き取り、そのあと水拭きで洗剤液を十分拭き取り乾拭きし十分自然乾燥させてください。

水拭き、乾拭きのみでお手入れしているカリモク本社では、30年もののKチェアがまだまだ現役。取扱い説明書の通りに扱っていただければ丈夫な家具です。

 

point4. 環境にやさしいKチェアの素材

環境に配慮した素材選び

Kチェアのアームには、環境にやさしいラバートリー材をつかっています。
ラバートリー材とはゴムの木のこと。樹齢5〜25年は樹液を採取し、その後伐採し燃やしていた木を家具用材として使っています。
大切な木を活かすこと、燃やしてCO2を出さないことで環境にやさしい家具づくりをしています。
> カリモク60の素材紹介・素材別メンテナンス
 

 

point5. パーツ交換で長く使えるKチェア

普遍的なデザインだからこそできるアフターサービス

Kチェアは組み立て式家具のため、カンタンに交換することができます。
お気に入りの家具をずっとつかえるのもいいところ。一部が傷んだからといって、 捨ててしまわないことは環境にもやさしいですね。
パーツ交換は、日本製であることと流行を追わない普遍的なデザインだからこそできる、アフターサービスです。

パーツ交換・修理等、気になることがあれば、お気軽にご相談いただけます。

末永く安心して長くご利用いただくために、パーツ交換等のアフターサービスも行っています。

> カリモク60のパーツ交換について

世代を超えて親しまれるKチェア

プレーンテーブルの店舗に、器を見にきてくださったお客様がいました。
器とともに展示していたKチェアを見たお客様は、家で父母が使っていた30年もののKチェアがあるといいます。しかし、30年ともなるとだいぶ座面が劣化して使えなくなっているとのこと。
そこで座面のパーツ交換を提案させていただきました。
交換後、お客様から「また座れるようになると思わなかった!今と昔とでは椅子の仕様も変わっているのに、交換してもらえてよかった」と喜んでいただけました。
定番商品として、作り続けているからこそできたアフターサービスです。

 

point6. 安全安心にお使いいただくためのホルムアルデヒド対策

ホルムアルデヒド対策

カリモクは、シックハウス症候群などの原因ともいわれるホルムアルデヒドの放出量を抑えるべく、合板・パーティクルボード・MDF・接着剤・塗料にF☆☆☆☆(JIS・JAS規格)を採用。(一部商品除く)

住宅品質確保促進法に定められた「等級3」をクリアしています。

※発散速度1μg/m2hは建材1m2につき1時間あたり1μgの化学物質が発散されることをいいます。
 

point7. カリモク60の安心のアフターケア、三年保証について

三年保証

カリモク家具は、取扱説明書にしたがった正常な使用において万一故障した場合には、 規定により修理させていただく3年間保証書を設けております。

保証期間内外を問わず、末永くお使いいただくためのご相談も承っております。

> お問合せはこちら

いかがでしたか?
使い手であるお客様のことを第一に考えたカリモク60「Kチェア」
ただカッコいいだけじゃない事も知っていただけると嬉しいです。

商品一覧ページ

カリモク60 Kチェアの商品一覧はこちら

Kチェア一覧

お問い合わせについて

もし迷ったら、気軽にお問い合わせください。